過去数十年にわたって、スロットはカジノの代名詞となっていますが、日本ではパチンコがスロットです。日本では通常のスロットは見つかりませんが、別の形式があります。それは国で非常に人気があります。日本には約11.8千のパチンコ店があります。パチンコスロットの人気のため、多くの専門家はそれがスロットマシンの最高の市場であり、それらが導入されたとき、それは有望なステップになると示唆しています。 パチンコとは? 簡単なゲームです。ピンボールゲームと似ていますが、違いがあります。ゲームに勝つとパチンコ玉がもらえます。これらは、ギフトと交換したり、売り戻したりできます。ギャンブルは国で禁止されているので、これが利用可能な唯一の形態です。マシンにチケットやお金を入れると金属製のボールを手に入れ、マシンでボールを撃つにはレバーを引く必要があります。その後、ボールは垂直ピンを通って、マシンの下部に落下します。ボールの1つが特定の場所に当たると、プレーヤーはより多くのボールを獲得します。ゲームに持っているボールが多いほど良いです。あなたが不足しない限り、それはゲームにあなたを保ちます。 パチンコ店: 国内にはパチンコ店がたくさんあり、組織的にゲームを展開しています。田舎から都会まで、どこでも見ることができます。パーラーはゲームだけでなく、他のサービスも提供しています。無料のWi-Fi、無料のお茶、携帯電話の充電器を入手できます。喫煙を許可するさまざまなパーラーを見つけることができますが、非喫煙者の場合、一部のパーラーは喫煙を許可しません。多くの新しいパーラーが禁煙の場所を提供しており、喫煙室もそこで見つけることができるので、これは業界で最も最近の変化です。 賞品は何ですか? 獲得したボールは、実際の金額またはお金と交換できます。何でもかまいません。これらのアイテムは、毎日のアイテムに電子化することができます。ボールをお金に交換することもできます。これが情熱的です。 パチンコは違法なギャンブルですか? パチンコは日本法ではゲームと定義されています。心配する必要はありません。パチンコ店は法律で認められている法定施設であり、カジノも建設中です。それでも、パチンコは単にプレーしているだけなので、ギャンブルに分類されません。日本では、若者が特に惹きつけられる有名なエンターテインメント業界であり、スロットの合法化に伴い、パチンコは完成度が高まり、すでに近代化されています。 結論: パチンコは日本におけるスロットであり、国がカジノのラインを確立するように設定されているので、競争は増加すると予想されます。新しいパチンコは近代化し、パーラーも進化しています。カジノが合法化されることで、日本はそれが知られているゲームの期待に確実に応えます。