Jpanがカジノの最初のラインを確立する準備ができているので、レースが始まりました。ライセンスを申請した企業はたくさんありますが、認可されたのは2社だけです。世界がCOVID-19で苦戦していることを考えると、注意は統合されたリゾートに戻っています。国は3つの場所で統合リゾート(IR)の形でカジノを合法化します。これは多くの企業が互いに競争する機会を提供しており、より多くの都市がカジノのホスティングに興味を持っています。 合法化: 日本はギャンブル業界との戦いを経験しています。日本では歴史がありますが、特定の種類の賭けを除いて、日本ではギャンブルは禁止されています。驚いたことに、それは第二次世界大戦後に損失を克服するためにギャンブルを使用した同じ国です。国内でのカジノの合法化の初期の試みは2000年に試みられましたが、それらの兆候は2015年にありました。日本の3つの場所にカジノを設立する法律が2018年に可決されました。カジノは総合リゾートの形で設立されます。 カジノ管理委員会: 日本は国内のギャンブル事情を監視するためにカジノ管理委員会を正式に設立しました。委員会は、ライセンスの発行と取り消しを担当します。主な仕事には、カジノを監視し、法律が正しく守られているかどうかを確認することも含まれます。キャビネットの外部部門として機能します。また、必要な場所を調査します。 市場: 日本はeSportsゲームのハブとして世界に知られています。長年にわたり、それ自体が非常に評判がよく、ギャンブルはゲーム文化の成長を確実にします。市場は有望であり、統合リゾートの建設を請け負う企業は利益を生むでしょう。ギャンブルではありませんが、国はすでにパチンコスロットで開花しており、合法的なカジノが市場で引き落とされると、都市だけでなく投資も明るくなります。 人種: 報告によると、国内の8つの都市が、彼らの都市でカジノをホストするための政府の許可を求めています。ただし、国は3つの場所に建設カジノを許可することを決定しました。北海道、千葉市、東京、横浜市、名古屋市、大阪、和歌山、長崎の8都市です。ギャンブルの観光は有望な群衆であり、カジノだけでなくその周辺のビジネスにも利益をもたらします。調査は昨年9月に行われたもので、国土交通大臣である赤羽和義氏からも行われました。 結論: 日本は難しい仕事をしています。いいえ、カジノは難しくありませんが、その期待に応えることは難しいです。ゲームにおける国の評判を考えると、それは期待に応える必要があります。カジノが機能するようになると、日本は世界で最高のギャンブルの場所の1つになる可能性があります。