ゲームに関しては、日本はトップの1つです。長年にわたり、国はゲーム業界でかなりの評判を得てきましたが、ギャンブルの問題では、国で厳しい日を過ごしてきました。カジノは国で禁止されていますが、それは変わりつつあります。カジノを合法化する立法は2018年に可決され、国はカジノのラインを確立することになっています。内閣で取り上げられた中毒についての懸念もありますが、本当の問題はそれが将来何を保持するのですか? 総合リゾートとは? よくある間違いは、総合リゾートの意味を誤解することです。彼らはそれがカジノのあるホテルだと思っていますが、それだけではありません。それは多くのことを結びつける多面的な経験です。スポーツ複合施設、コンベンション、ショッピング、ラグジュアリー、テーマパーク、アトラクションから。この体験に勝るものはありません。ギャンブルの観客だけでなく、最高の時間を過ごしたい人にとって、リゾートは最高のロケーションです。 日本の将来: カジノとIRの分野では、日本は新しい国であり、多くのプレッシャーをかけています。しかし、学習は、そのようなシステムをすでに地域に統合している例から行うことができます。ギャンブルで非常に人気のあるラスベガスの例を見てみましょう。ラスベガスやマカオのような都市が音楽を取り入れ、エンターテインメントは素晴らしいです。日本はそれに目を向け、そのやり方を導き出さなければなりません。 利点: IRは物事の集合体です。それは単なるカジノではありませんが、最良の部分はあなたのすべてのニーズに応えることです。ギャンブルの群衆から非ギャンブルまで、すべての人をターゲットにすることができます。競争が激しくなるにつれて、未来は明るいです。 IRは、日本がソーシャルメディアを活用し、まったく新しい人口統計に到達するのに役立ちます。これは以前は不可能でしたが、今日のテクノロジーで実現できます。 IRの方が魅力的で、ホテルよりも選択肢が豊富です。日本にはたくさんのことがあり、先住民族に焦点を当てる必要があります。 未来: 利益を促進し、共有された利益を結び付けることができます。これにより、観光客が増え、その場所が魅力の中心になります。日本には多くの魅力があり、IRが日本の文化と遺産の豊かさを示す方法で運用されている場合、国は別の種類の群衆にさらされます。 結論: 総合リゾートは多目的であり、日本は国内で最初の路線を確立する予定です。覚えておかなければならないことがたくさんあります。日本への期待が高いため、日本はその計画を戦略化し、その評判を守る必要があります。将来は、あなたの基地がどれほど強くて徹底的であるかにかかっています。